すきよといいね(な〜)

すきよ・いいね(な〜)と思ったものについて書きます

今更セックスアンドザシティ

海外ドラマや映画を見るのが好きで、中高生の被れていた頃は「スクリーン」や「ロードショー」等、映画雑誌を買ってオーランドブルームにときめいていました。

大学生になってからは、授業で取り上げられて最後まで見たくなった映画を見てみたりすることが多く、『12人の怒れる男』とか『カッコーの巣の上で』、『トゥルーマンショー』なんかを借りてきて、長期休暇でがっつり見てみたり。

卒業してからは、映画館で学割も聞かないし、レンタルショップに行くのも面倒で「趣味:映画鑑賞」と言い切るには厳しい状況だったのですが、アマゾンプライムのおかげで再熱しています。

直近では、『SEX and the city』(映画版)を見ました。

ドラマが流行っていた頃はまだ思春期で「セックス」なんてタイトルについた作品を見る勇気はありませんでしたが、(残念ながら)今なら(余裕で)見れるぞ、と思って見てみたところ、隅から隅までおしゃれで、共感できる名言もたくさん。ドラマを見ていなくてもとっても楽しめました。

SATCの前に見ていたダウントンアビーも「最高に面白い!ロケ地巡りたいー!」と思っていたけど、全然毛色の違うSATCも「ドラマシリーズも見たいなぁ」なんて思ってしまうから私は芯がないなあ、と思います。

ま、なんでも楽しめることは長所だと言えるでしょう。